1/10

【型紙】pa163/二つ折り財布

¥880 税込

※この商品は、最短で3月7日(木)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

別途送料がかかります。送料を確認する

【yurarikaオリジナルパターン】
こちらの商品は完成品ではなくレシピと作り方のセットです。
実物大の型紙と写真付きのレシピがセットになっています。

小物を作り始めてから10年以上経って初めて、お札と小銭が入る「お財布」を作りました。
ずっと作っていなかった理由は二つ。
お財布としての完成度を高くすると作りが複雑になり、難易度が上がってしまうことと、
布で作ったお財布は生地の傷みが気になることです。
ポケットを最小限にしてシンプルにすれば1回の教室で作れそうだったので、
お札と小銭の2ポケットにすることでできる限り複雑にならないように、
そして、日常のサブ財布なら傷みを気にせず長く使えるのでは、と思っての初財布です。

そもそもの発想は「道中財布」という、江戸時代に男性が持ち歩いていた布製の財布からでした。
小銭入れポケットをぱたぱたとたたんで中に折り込み、ひもでくるっと結んで使うものです。
お札はその間のポケットにしまいます。
そのままだとちょっと使いにくいので、現代のお財布に近くなるようアレンジしたのがこの二つ折り財布です。
小銭用のポケットにはファスナーをつけ、お札入れは出し入れしやすいよう切れ込みが入る形です。
ひもだと使いにくいので、ボタンひとつで留められた方が便利と思い、ぱちんと留められるアメリカンホックにしました。

ファスナーポケットが少し複雑ですが、構造は「pa110/二つ折りコインケース」のファスナー部分と同じで、
写真を見ながら順を追って作っていけば大丈夫です。
ファスナーポケットができたら、あとは布を一枚ずつ重ねて、少しずつ形にしていきます。
最後は外側の表地と、内側の袋部分を中表にしてミシンをかけ、ひっくり返して形を整えます。
最後にステッチミシンで返し口を閉じるので、すべてミシン縫いで作れます。
アメリカンホックは目立つ場所なので、きちんとつけられるよう、ここの工程にレシピ一枚分を費やしました。
ファスナーは途中で務歯にミシンをかけて切り落とすので、フラットニットを用意してください。


【レベル/中級者向け】

【サイズ・材料】
完成サイズ/縦9.5cm×横10cm(閉じた時)

布以外に必要な材料/接着芯(中厚地)・ファスナー(フラットニット)・アメリカンホック(10mm)

  • レビュー

    (1)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥880 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品