1/12

【型紙】pa238/じゃばらカードケース

¥880 税込

※この商品は、最短で5月30日(木)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

別途送料がかかります。送料を確認する

【yurarikaオリジナルパターン】
こちらの商品は完成品ではなくレシピと作り方のセットです。
実物大の型紙と写真付きのレシピがセットになっています。

じゃばらに開くカードケースです。
カードは縦方向に収納します。
カードポケットの倍サイズの大きいポケットが、構造の都合で1つ、または2つできます。
カードポケット7室+大きいポケット2室か、カードポケット9室+大きいポケット1室のどちらかです。
ためしに紙のカードを40枚収納してみました。まだ余裕があります。
がばっと開いて良く見えるのでカードが探しやすいです。
難点はカードケースだけでかなりの厚みになってしまうこと。
使い勝手を考えると接着芯は必須なのですが、その分厚みが出ます。
持ち歩きにはちょっと不便かもしれませんが、使っている方からは「探しやすい!」と好評です。

表地、裏地、3枚のポケット生地でできています。
すべてのパーツに接着芯を貼り、ぱりっと仕上げます。
裏地に土台のポケットを1つ付けて、残りの2枚のポケットを組み合わせてから重ね、ステッチミシンで順に仕切りを入れていきます。
パーツの横幅がすべて同じで、ここがそろっていると仕上がりがきれいです。
なので、正確に作業することがポイントになります。
仕切りのステッチミシンは順番を間違えるとミシンがかけられないところが出てくるので、ひとつひとつ確認しながら進めます。
ポケットがついたら表地と裏地を中表で縫い合わせ、返し口からひっくり返して、土台のポケットと一緒に周囲にステッチミシンをかけます。
仕切りのミシンはすごく難しそうに見えますが、布をよけながらステッチミシンをかけていくので無理なく作業を進められます。
構造上大きいポケットが1つできます。カードポケットを2つ減らして大きいポケットをさらにもう1つ増やすこともできます。
サンプル写真で違いを確認してみてください。
消えるチャコペンを多用するので、裏地は印が見やすい薄い色がおすすめです。

【レベル/中級者向け】

【サイズ・材料】
完成サイズ/縦10.5cm×横14cm×厚さ1.5cm
布以外に必要な材料/接着芯・アメリカンホック(10mm)

  • レビュー

    (1)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥880 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品